ポスターダウンロードポスターダウンロード(PDF)

CSL Behring 腫瘍循環器の広場 CANCER CARDIO-NET
 

学術集会事務局

神戸大学大学院医学研究科
腫瘍・血液内科

〒650-0017
兵庫県神戸市中央区楠町7丁目5-1

運営事務局

株式会社
インタープラン・コーポレーション内

〒150-0046
東京都渋谷区松濤1-28-4
松濤六番館4階
E-mail: jocs2024@c.inter-plan.co.jp

プログラム

がんプロ 腫瘍循環器セミナー「irAE心筋炎について」開催のお知らせ

学術集会前日にがんプロの2拠点との共催で免疫チェックポイント阻害薬で引き起こされるirAE心筋炎のセミナーを開催します。学術集会の海外招請講演でご登壇いただくJavid Moslehi先生に講演いただき、引き続き症例検討などが行われます。ぜひご参加ください。

がんプロ 腫瘍循環器セミナー「irAE心筋炎について」
日時:8月2日(金)17:30‒19:05
会場:アクリエひめじ(現地・LIVE配信)

参加申込はこちらから

参加申込期限: 7月30日(火)13:00まで

プログラム・抄録集は、ご来場された際、参加証の発券時に配布いたします。
PDF版の閲覧にはパスワードが必要です。
閲覧用パスワードは、参加登録完了時に自動配信されるメールアドレス内に記載しております。
メール件名:【第7回日本腫瘍循環器学会学術集会】お申込み費のお支払いおよび登録が完了しました

会長講演

会長講演

8月4日(日) 10:40~11:30 第1会場 (大ホール)

「知の融合から創造へ」

座長:
向井 幹夫 (大阪がん循環器病予防センター)
演者:
南 博信 (神戸大学大学院医学研究科 腫瘍・血液内科)

海外招請講演

海外招請講演1

8月3日(土) 15:00~15:40 第1会場 (大ホール)

「Immune Checkpoint Inhibitor-Associated Myocarditis:
 Learning from mice and humans」

座長:
小室 一成 (国際医療福祉大学副学長/東京大学名誉教授)
演者:

Javid Moslehi

(William Grossman Distinguished Professor in Cardiology/ Section Chief, Cardio-Oncology & Immunology Professor in Residence, UCSF School of Medicine, Cardiovascular Research Institute (CVRI), USA)

海外招請講演2

8月4日(日) 9:00~10:00 第3会場 (小ホール)

「Cancer survivorship and cardiovascular health」

座長:
南 博信 (神戸大学大学院医学研究科 腫瘍・血液内科)
演者:
Anne Blaes (Hematology/oncology, University of Minnesota, USA)

シンポジウム

シンポジウム1

8月3日(土) 9:00~10:30 第1会場 (大ホール)

「腫瘍循環器領域における多職種連携~こうやって作り上げてきました~」

座長:
高野 利実 (がん研有明病院)
藤堂 真紀 (埼玉医科大学国際医療センター 薬剤部)
演者:
SY1-1がん患者の心エコーと下肢静脈エコー ~国がん東での取り組み~
村田 桃子 (国立がん研究センター東病院 臨床検査部)
SY1-2腫瘍循環器領域における看護師の役割開発の展望
村上 好恵 (慶應義塾大学 看護医療学部)
SY1-3薬剤師が繋ぐOnco-Cardiology
高田 慎也 (国立病院機構北海道がんセンター 薬剤部)
SY1-4腫瘍循環器リハビリテーションにおける多職種連携と当院での取り組み
野﨑 康平 (北里大学病院 リハビリテーション部)
SY1-5「小さなチーム医療」と「大きなチーム医療」のエッセンスと可能性
大倉 裕二 (新潟県立がんセンター新潟病院 腫瘍循環器科)

シンポジウム2

8月4日(日) 15:40~17:10 第1会場 (大ホール)

「先例に学ぶ腫瘍循環器診療の立ち上げと運用」

座長:
矢野 真吾 (東京慈恵会医科大学)
森山 祥平 (九州大学病院 血液・腫瘍・心血管内科)
演者:
SY2-1循環器合併症対策の現状と循環器医への期待
内藤 陽一 (国立がん研究センター東病院 総合内科)
SY2-2大学病院における腫瘍循環器外来の立ち上げと運用
塩山 渉 (滋賀医科大学 循環器内科)
SY2-3腫瘍医と循環器医の診療連携が機能した症例をもとに今後の腫瘍循環器診療を
考えてみる

郡司 匡弘 (東京慈恵会医科大学附属第三病院 腫瘍・血液内科)
SY2-4腫瘍循環器診療 九州大学病院での経験を踏まえて
近藤 萌 (九州大学病院 血液・腫瘍・心血管内科)

シンポジウム3

8月4日(日) 9:00~10:30 第2会場 (中ホール)

「アンスラサイクリン心筋症最前線ー基礎・臨床エキスパートに訊く」

座長:
絹川 弘一郎 (富山大学 第二内科)
田村 研治 (島根大学医学部附属病院 先端がん治療センター/腫瘍内科)
演者:
SY3-1アントラサイクリン心筋症とフェロトーシス
~フェロトーシスによる心毒性の病態解明と新たな予防法の開発について~

池田 昌隆 (九州大学病院 循環器内科)
SY3-2アンスラサイクリン心筋症の基礎メカニズム~最新のエビデンス総論
赤澤 宏 (東京大学大学院医学系研究科 循環器内科学)
SY3-3アントラサイクリン系抗がん薬の心筋障害とモニタリング
安藤 雄一 (名古屋大学医学部附属病院 化学療法部)
SY3-4がん治療医からみたアンスラサイクリン心筋症
田辺 裕子 (虎の門病院 臨床腫瘍科)

ミニシンポジウム

ミニシンポジウム 1

8月3日(土) 10:40~11:40 第1会場 (大ホール)

「CTRCD早期診断のためのサーベランス:現場の本音トーク」

座長:
泉 知里 (国立循環器病研究センター)
杉村 宏一郎 (国際医療福祉大学成田病院 循環器内科)
演者:
MSY1-1がん専門施設でのCTRCDサーベランスの現状 ガイドラインを準拠すべきか
丸山 大 (がん研究会有明病院 血液腫瘍科)
MSY1-2地域がん診療連携拠点病院におけるがん治療関連心血管毒性
(Cancer Therapy-Related Cardiovascular Toxicity:CTR-CVT)に対する現状と問題点及び循環器専門医及びがん治療医による連携構築の模索

嬉野 紀夫 (君津中央病院 腫瘍内科)
MSY1-3大学病院でのCTRCDサーベイランスの現状 -当院での実践例-
及川 雅啓 (福島県立医科大学 循環器内科学講座)
MSY1-4地域がん診療連携拠点病院でのCTRCDサーベランスの現状がん診療科とのかかわり
坂本 二郎 (天理よろづ相談所病院 循環器内科)

ミニシンポジウム 2

8月3日(土) 11:50~12:50 第1会場 (大ホール)

「分子標的薬による心筋障害; 20年を越える経験から」

座長:
佐治 重衡 (福島県立医科大学 腫瘍内科)
北原 康行 (がん・感染症センター都立駒込病院 循環器内科)
演者:
MSY2-1心毒性を有する分子標的治療薬について~トラスツズマブを中心に~
水野 聡朗 (三重大学医学部附属病院 腫瘍内科)
MSY2-2トラスツズマブ誘発性重症心筋症患者の特徴から解き明かす新たな治療戦略の
可能性

佐々木 律子 (順天堂大学医学部 乳腺腫瘍学講座)
MSY2-3分子標的薬と心不全 - The double sword - 分子メカニズムから見る予防と対策
坂東 泰子 (三重大学大学院医学系研究科 分子生理学)
MSY2-4分子標的治療薬の心毒性モニタリングのための心エコー図検査
山田 博胤 (徳島大学大学院医歯薬学研究部 地域循環器内科学)

ミニシンポジウム 3

8月3日(土) 10:40~11:40 第2会場 (中ホール)

「がん治療に伴う動脈血栓塞栓症」

座長:
木村 晋也 (佐賀大学医学部 血液・呼吸器・腫瘍内科)
塩山 渉 (滋賀医科大学 循環器内科)
演者:
MSY3-1がんと虚血性心疾患
中川 義久 (滋賀医科大学 循環器内科)
MSY3-2がんと脳卒中
河野 浩之 (杏林大学医学部 脳卒中医学)
MSY3-3がんと末梢動脈疾患
髙久 智生 (埼玉医科大学病院 血液内科)

ミニシンポジウム 4

8月3日(土) 11:50~12:50 第2会場 (中ホール)

「がんと不整脈―心房細動、QT延長を中心にー」

座長:
石岡 千加史 (JR仙台病院)
庄司 正昭 (国立がん研究センター中央病院 総合内科・循環器内科)
演者:
MSY4-1がんと心房細動
笹野 哲郎 (東京医科歯科大学大学院 循環制御内科学)
MSY4-2抗がん剤による薬剤誘発性QT延長症候群
清水 渉 (日本医科大学大学院医学研究科 循環器内科学分野)

ミニシンポジウム 5

8月3日(土) 15:00~16:00 第3会場 (小ホール)

「AYAがん医療と腫瘍循環器学の関わりを考える」

座長:
竹石 恭知 (福島県立医科大学)
清水 千佳子 (国立国際医療研究センター病院)
演者:
特別発言
清水 千佳子 (国立国際医療研究センター病院)
MSY5-1小児がんサバイバーの心血管系フォローアップの試み
石田 隆史 (福島県立医科大学 循環器内科学講座)
MSY5-2デクスラゾキサンの本邦での実装-小児領域の視点から
清谷 知賀子 (国立成育医療研究センター 小児がんセンター)
MSY5-3AYAがんサバイバーへの循環器医療者の関わり ~がんハイボリュームセンターの循環器医に何ができるか~
志賀 太郎 (がん研究会有明病院 腫瘍循環器・循環器内科)

ミニシンポジウム 6

8月4日(日) 12:50~13:50 第1会場 (大ホール)

「腫瘍循環器学を切り拓く基礎研究の深化と進化」

座長:
赤澤 宏 (東京大学大学院医学系研究科 循環器内科学)
小板橋 紀通 (群馬大学医学部附属病院)
演者:
MSY6-1がん治療関連心筋障害のゲノム解析
伊藤 薫 (理化学研究所生命医科学研究センター
      循環器ゲノミクス・インフォマティクス研究チーム)
MSY6-2ヒトiPS細胞由来心筋細胞による抗がん薬心毒性のリスク予測
諫田 泰成 (国立医薬品食品衛生研究所 薬理部)
MSY6-3免疫チェックポイント分子によるT細胞活性化の制御機構
岡崎 拓 (東京大学 定量生命科学研究所 分子免疫学研究分野)

ミニシンポジウム 7

8月4日(日) 15:40~16:40 第2会場 (中ホール)

「ますます重要度をます、老年腫瘍循環器学」

座長:
岡 亨 (埼玉県立がんセンター)
志賀 太郎 (がん研究会有明病院 腫瘍循環器・循環器内科)
演者:
MSY7-1老年腫瘍循環器学(Geriatric-Onco-Cardiology)とは
水谷 友紀 (杏林大学医学部 腫瘍内科学)
MSY7-2高齢者がん患者におけるCGAとACP~その重要性と実行性の問題点~
栁川 まどか (名古屋大学医学部附属病院 化学療法部)
MSY7-3高齢卵巣がん患者の化学療法実施中に増悪した有症候性重症ASに対して,TAVIによる介入治療を行い,TAVI施行後にCGAが改善し,化学療法を安全に再開できた貴重な一例
戸次 宣史 (がん研究会有明病院 腫瘍循環器・循環器内科)

教育セッション

教育セッション1

8月3日(土) 9:00~9:30 第2会場 (中ホール)

「がん薬物療法の概論(誰に何のために、何をする?)」

座長:
中川 仁 (奈良県立医科大学)
演者:
下井 辰徳 (国立がん研究センター中央病院 腫瘍内科)

教育セッション2

8月3日(土) 15:00~15:30 第2会場 (中ホール)

「抗がん薬総論1 殺細胞性抗がん薬」

座長:
前嶋 康浩 (東京医科歯科大学 循環器内科)
演者:
下村 昭彦 (国立国際医療研究センター病院 がん総合内科)

教育セッション3

8月3日(土) 15:35~16:05 第2会場 (中ホール)

「抗がん薬総論2 分子標的治療薬の総論(心毒性のある薬剤を中心に)」

座長:
桑原 宏一郎 (信州大学医学部 循環器内科)
演者:
能澤 一樹 (名古屋市立大学大学院医学研究科 共同研究教育センター 臨床研究戦略部)

教育セッション4

8月3日(土) 16:10~16:40 第2会場 (中ホール)

「免疫関連有害事象としての心筋障害」

座長:
山口 修 (愛媛大学大学院医学系研究科 循環器・呼吸器・腎高血圧内科学)
演者:
吉波 哲大 (大阪大学医学部附属病院 がんゲノム医療センター/乳腺・内分泌外科)

教育セッション 5

8月4日(日) 14:00~14:30 第2会場 (中ホール)

「押さえておきたい副作用管理の基本」

座長:
坂田 泰史 (大阪大学大学院医学系研究科 循環器内科学)
演者:
金原 史朗 (神戸大学医学部附属病院 腫瘍・血液内科)

教育セッション 6

8月4日(日) 14:40~15:10 第2会場 (中ホール)

「がん治療関連心筋障害の早期発見のためにすべきこと」

座長:
中世古 知昭 (国際医療福祉大学 血液内科)
演者:
田中 秀和 (神戸大学大学院 循環器内科学分野)

PAPシンポジウム

PAPシンポジウム

8月4日(日) 10:40~11:40 第3会場 (小ホール)

「がん治療における腫瘍循環器とは?」

座長:
天野 慎介 (一般社団法人全国がん患者団体連合会)
清水 千佳子 (国立国際医療研究センター病院 がん総合診療センター/乳腺・腫瘍内科)
演者:
PSY-1腫瘍循環器総論~循環器領域の立場から~
佐瀬 一洋 (順天堂大学大学院医学研究科 臨床薬理学)
PSY-2がん治療における腫瘍循環器とは?―がん治療医の立場から
清水 千佳子 (国立国際医療研究センター病院 がん総合診療センター/乳腺・腫瘍内科)
パネリストどこで得られる?腫瘍循環器の意識と知識
桜井 なおみ (一般社団法人CSRプロジェクト)

男女共同参画委員会企画シンポジウム

男女共同参画委員会企画シンポジウム

8月3日(土) 16:10~17:10 第3会場 (小ホール)

「より良いチーム医療を目指したD/I:現場からの提言」

座長:
志賀 太郎 (がん研究会有明病院 腫瘍循環器・循環器内科)
坂東 泰子 (三重大学大学院医学系研究科 分子生理学)
演者:
Opening remarks
坂東 泰子 (三重大学大学院医学系研究科 分子生理学)
GESY-1じっくり考え、サラリと活かす~富山から広げる多職種の輪~
石川 雄大 (富山大学附属病院 薬剤部)
GESY-2がん薬物療法の進歩と腫瘍循環器学の必要性を考える
齋藤 佳菜子 (三重大学医学部附属病院 腫瘍内科)
GESY-3がんの様々なステージで見た多職種連携チームとしての循環器内科医の役割~症例を通して多くの合併症を抱えたがん患者の治療を考える~
小板橋 紀通 (群馬大学医学部附属病院)
Closing remarks
三谷 絹子 (獨協医科大学 血液・腫瘍内科)

保険委員会企画シンポジウム

保険委員会企画シンポジウム

8月4日(日) 12:50~13:50 第2会場 (中ホール)

「腫瘍循環器領域のドラッグ・ラグ/ドラッグ・ロスの解消に向けた保険委員会の活動」

座長:
内藤 陽一 (国立がん研究センター東病院 総合内科)
下村 昭彦 (国立国際医療研究センター病院)
演者:
ISY-1薬事承認と保険償還~アカデミアの使命と患者市民参画の重要性
佐瀬 一洋 (順天堂大学大学院医学研究科 臨床薬理学)
ISY-2ドラッグ・ラグ/ドラッグ・ロス解消に向けた保険委員会の活動 ~ダルテパリン、デクスラゾキサン~
保田 知生 (星ヶ丘医療センター 循環器外科)
ISY-3本当に必要な薬が届かない~患者の立場から
天野 慎介 (一般社団法人全国がん患者団体連合会)

スポンサードシンポジウム

スポンサードシンポジウム1

8月3日(土) 15:45~17:15 第1会場 (大ホール)

「irAE心筋炎の理解と対策」

座長:
向原 徹 (国立がん研究センター東病院)
佐瀬 一洋 (順天堂大学大学院医学研究科 臨床薬理学)
演者:
SSY1-1免疫チェックポイント阻害薬の抗腫瘍メカニズムとirAE総論
三浦 裕司 (虎の門病院 臨床腫瘍科)
SSY1-2irAE心筋炎総論(メカニズム、診断、治療)
田尻 和子 (国立がん研究センター東病院 循環器科)
SSY1-3心筋障害を画像で捉える
真鍋 徳子 (自治医科大学附属さいたま医療センター 放射線科)
SSY1-4病理学の立場から考える心筋炎-ICI心筋炎を中心に
今中 恭子 (三重大学大学院医学系研究科 修復再生病理学)
共催:
MSD株式会社

スポンサードシンポジウム2

8月4日(日) 9:00~10:30 第1会場 (大ホール)

「日本人がん関連血栓症のリスク因子再検討 - beyond Khorana score -」

座長:
乙井 一典 (神戸大学大学院医学研究科 総合内科学部門)
津端 由佳里 (島根大学医学部附属病院)
演者:
SSY2-1最新の疫学データからみる日本人のがん関連静脈血栓塞栓症の特徴と注意点
山下 侑吾 (京都大学大学院医学系研究科/医学部附属病院 循環器内科)
SSY2-2Cancer-VTE Registryからみる日本人における静脈血栓塞栓症のリスク因子
池田 正孝 (兵庫医科大学 消化器外科学講座 下部消化管外科)
SSY2-3日本人がん関連血症を予測する血液凝固線溶マーカー
窓岩 清治 (東京都済生会中央病院 臨床検査医学科)
SSY2-4日本人がん関連血栓症予測因子の探索 ‐J-CAVプロジェクトからの報告‐
今村 善宣 (福井大学医学部附属病院 がん診療推進センター/血液・腫瘍内科)
共催:
ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社/ファイザー株式会社

スポンサードシンポジウム3

8月4日(日) 14:00~15:30 第1会場 (大ホール)

「腫瘍循環器領域における血管毒性 ~高血圧・血栓症~」

座長:
野出 孝一 (佐賀大学医学部 循環器内科)
田村 雄一 (国際医療福祉大学医学部 循環器内科学)
演者:
SSY3-1腫瘍循環器領域における血栓症のこれからのAction
田中 善宏 (岐阜大学医学部 消化器外科・小児外科)
SSY3-2がん治療関連高血圧症とその管理
向井 幹夫 (大阪がん循環器病予防センター)
SSY3-3Onco-Hypertension
西山 成 (香川大学医学部 薬理学)
共催:
第一三共株式会社

ランチョンセミナー

ランチョンセミナー1

8月3日(土)13:00-13:50 第1会場(大ホール)

座長:
小室 一成(国際医療福祉大学 副学長/東京大学大学院先端循環器医科学講座)
演者:
LS1固形がんに対する癌治療関連心機能障害
  (CTRCD; Cancer Therapeutics-Related Cardiac Dysfunction)

田村 研治(島根大学医学部附属病院 腫瘍内科/先端がん治療センター)
共催:
中外製薬株式会社

ランチョンセミナー2

8月3日(土)13:00-13:50 第2会場(中ホール)

座長:
南野 徹(順天堂大学大学院医学研究科 循環器内科)
演者:
LS2カルフィルゾミブ使用における心血管副作用の管理と
   多発性骨髄腫患者のwell-being の向上

木場 悠介(がん研究会有明病院 血液腫瘍科)
共催:
小野薬品工業株式会社

ランチョンセミナー3

8月3日(土)13:00-13:50 第3会場(小ホール)

座長:
保田 知生(星ヶ丘医療センター 循環器外科)
演者:
LS3レンバチニブによる血管新生阻害作用に伴う有害事象とマネージメント
清田 尚臣(神戸大学医学部附属病院 腫瘍センター)
共催:
エーザイ株式会社

ランチョンセミナー4

8月4日(日)11:50-12:40 第1会場(大ホール)

座長:
南 博信(神戸大学大学院医学研究科 腫瘍・血液内科)
演者:
LS4がん治療関連心機能障害の診断と治療 update
石田 純一(東京大学医学部附属病院 循環器内科)
共催:
大塚製薬株式会社

ランチョンセミナー5

8月4日(日)11:50-12:40 第2会場(中ホール)

座長:
辻田 賢一(熊本大学大学院生命科学研究部 循環器内科学)
演者:
LS5CML 治療における TKI と CVE マネジメント
   ~CML 実臨床においてどのように CVE を防ぐのか?~

小野 孝明(浜松医科大学 輸血・細胞治療部)
共催:
ノバルティスファーマ株式会社

ランチョンセミナー6

8月4日(日)11:50-12:40 第3会場(小ホール)

「泌尿器癌における腫瘍循環器連携」

座長:
大家 基嗣(慶應義塾大学)
演者:
LS6-1前立腺癌治療のUp-to-date~薬物療法を中心に~
    泌尿器科医視点からのCVDリスクと連携の考え方

上村 博司(横浜市立大学附属市民総合医療センター 泌尿器・腎移植科)
LS6-2腫瘍循環器の視点から見た前立腺がん薬物療法における
    心血管イベントとそのマネジメント

向井 幹夫(大阪がん循環器病予防センター)
共催:
フェリング・ファーマ株式会社

モーニングセミナー

モーニングセミナー1

8月4日(日)7:50-8:50 第2会場(中ホール)

「BTKi治療における心血管系副作用とマネジメント~他診療科連携を通して~」

座長:
丸山 大(公益財団法人がん研究会 有明病院 血液腫瘍科)
演者:
MS1-1ブルトン型チロシンキナーゼ阻害剤治療における心血管系副作用と循環器内科
    −血液内科診療連携の重要性

鎌田 浩稔(学校法人北里研究所北里大学病院 血液内科)
MS1-2BTKi 投与中の心房細動 - その時何を考える? -
庄司 正昭(国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院 総合内科 循環器内科)
共催:
ヤンセンファーマ株式会社

モーニングセミナー2

8月4日(日)7:50-8:50 第3会場(小ホール)

座長:
清水 渉(日本医科大学大学院医学研究科 循環器内科学分野)
演者:
MS2EGFR遺伝子変異陽性NSCLC治療とオシメルチニブのQT延長について
吉田 達哉(国立がん研究センター中央病院 呼吸器内科)
共催:
アストラゼネカ株式会社

モーニングセミナー3

8月4日(日)7:50-8:50 第1会場(大ホール)

「腫瘍循環器診療とバイオマーカー」

座長:
佐瀬 一洋(順天堂大学大学院医学研究科 臨床薬理学)
演者:
MS3-1癌関連血栓症の現状と課題 ~バイオマーカーの役割~
安田 聡(東北大学大学院医学研究科 循環器内科学分野)
MS3-2心毒性モニタリング ~バイオマーカーの役割~
杉村 宏一郎(国際医療福祉大学成田病院 循環器内科)
共催:
シスメックス株式会社

第7回日本腫瘍循環器学会学術集会